バナー

タトゥー除去の方法について

タトゥーは、入れる時よりも消す時の方が時間や費用がかかるとされています。

さらに、タトゥー除去を行っても傷跡を残さずに除去することは不可能とされています。

傷跡を残さずにタトゥー除去ができない理由としては、皮膚の構造にあります。

皮膚は、浅く薄い表皮と分厚い真皮により構成されています。
タトゥーは、表皮ではなく、さらに深い真皮層にまで墨を入れています。

All Aboutの情報をお知らせいたします。

肌のターンオーバーは表皮の一番下である基底層から始まるため、それより下の部分は、ターンオーバーしない仕組みです。

そのため、基底層やそれより深い部分の傷は、傷跡が残ってしまいます。タトゥー除去で最も手軽で跡が残りにくい方法がレーザー治療です。

タトゥー除去の正しい情報はこちらです。

レーザー治療では、タトゥーにレーザーを照射することで、墨を破壊して、色を薄くしていきまうs。黒一色のタトゥーなどレーザーを相性がよく、墨が浅い部分に入っている場合は、比較的良い結果が出やすいです。

しかし、結果には、個人差があるため、人によっては、タトゥーが消えずにマダラになったり、皮膚がレーザーによりヤケドになりデコボコしてしまうケースもあります。



レーザー照射を繰り返すことにより皮膚がヤケドし、皮膚表面の傷跡が増えてコーティングされていきます。

肌が傷跡でコーティングされていると、レーザーをはじいてしまい、墨までレーザーが届かなくなり、効果がなくなっていきます。手術の場合やり直しがきかないため、タトゥー除去を受ける場合には、技術や経験が豊富な医師を選ぶ必要があります。